新車購入 値引き交渉の手引き

新車購入 値引き交渉の手引き

現役営業マンから聞き出した、効果的な値引き交渉法

なんでもWeb! > 新車購入 値引き交渉の手引き

新車の値引き交渉

車に限らず、何かを買う時、同じ物、同じサービスを買うなら、より安く購入したいですよね。
特に、車は、高価な買い物です。値引き交渉の方法を知っているかどうかで、大きな金額の差が出てしまいます。

様々なノウハウ情報がありますが、ここでは、現役営業マンに聞いた、今、使えるノウハウをご紹介いたします。

最初の留意点は、
エコカー減税、エコカー補助金と、値引きとの区別をはっきりさせましょう!

エコカー減税やエコカー補助金がある為、総金額を示されただけでは、何が、どう値引きされているのか分からなくなります。減税、補助金は、どこで買っても同じですから、まず、数字を整理し、純粋な値引きがいくらなのかを把握しましょう。

値引き交渉:見積もりは、同メーカーの違う販売店から見積を取る!

最寄りの販売店は勿論、少し足を延ばして、近隣の同車種を扱う販売店でも見積を取りましょう。
同じメーカーとは言え、営業マンは、自分の店舗で契約を取りたいわけですから、最大限の努力をしてくれます。

似た手段として、他社の競合車種の見積もりを、ぶつける方法もありますが、これは、使いにくいかもしれません。仮に、本命で無い方が値引きが大きかったとして、あなたは、そちらを買うでしょうか?
そもそも、違う車両ですから、比較する事自体に、少々無理があります。
また、営業マンとしても、自分の提示する値引き額が、単に、他社車両の値引き交渉に使われるだけだと、感じたら、思い切った値引きは提示出来ないという背景もあります。
価格が折り合えば、きっと買ってくれる・・・営業マンが、そう感じた時、最大の値引額を引き出す事ができます。

値引き交渉:見積のコツ

見積を取るまでに、カタログ等を良く研究して、欲しいオプションは決めておきましょう。
そして、どの店舗でも、同じ車両の条件で、次の2パターンの見積を取って下さい。

1.下取車がある場合の見積もり。
2.下取車がない場合の見積もり。

例えば、欲しいオプションを全て付けて、定価が270万円。
下取車がない状態で240万。下取車があると220万。という金額が提示されたとすれば、
値引き額が30万円。下取車の価格は240-220=20万円という事になります。

雑誌やネットの口コミで得られる値引き情報で、この新車の平均値引額が25万円だったとしたら、上の金額で、商談成立・・・という気がします。
だって、平均よりも5万円も多く値引きしてもらっています・・・。
でも、本当にそうでしょうか? もう少し、検証してみましょう。

値引き交渉:下取車の適正価格を調べる

2通の見積りを取った時点で、下取車の価格が分かりました。
しかし、その価格、本当に適正でしょうか?
ここを確認しないと、営業マンの術中にハマってしまいます。
もし、下取車の適正価格が30万円だったとしたら・・・

定価が270万、下取車が30万、見積金額が220万なら、値引きは20万円です。
値引き額は、相場よりも低い事になります。

こういうマジックに、惑わされない為に、事前に下取車の本当の価値を調べておきましょう。カービューの無料一括査定サービスなら、一括で複数業者からの見積もりがとれますので、現在の愛車の適正価格を知る事が出来ます。
もし、カービューの査定額が高い場合は、無理に下取りに出さず、カービューに売却した方が良いでしょう。



カービューの利用のメリット

1.あなたの愛車の本当の適正価値が分かります。
2.複数業者からの買取り価格が一括して調査できます。
3.ディーラーで査定してもらう手間が省けます。


100万人以上の利用実績!簡単入力で、約3分!